トップページ学校給食の放射性物質検査について

学校給食の放射性物質検査について

1 検査内容

学校給食で使用する食材(生鮮食品)の放射性セシウム134及び放射性セシウム137の放射能濃度(Bq/kg

2 検査方法

  給食提供日前日に学校給食で使用する食材1kgを簡易放射能測定器で約20分間測定します。

3 検査場所  平田村大字永田字戸花79-1 平田村学校給食センター

4 検査期間  平成24年8月27日(月)~

5 使用測定器

  ・測定機名  MIRION社製 SPIR-QUANTA

  ・測定下限値 10Bq/kg以下

6 検査結果の取り扱い

  1核種でも測定下限値を超えた場合は、その食材を使用しないこととします。なお、代替食等の準備ができない場合は、当日の献立の変更があります。

7 給食提供日

  検査した食材の給食提供日は検査実施日の翌日になります

 測定結果はこちらをご覧ください → 平成30年度測定結果一覧
                   平成29年度測定結果一覧
                   平成28年度測定結果一覧
                   平成27年度測定結果一覧
                  
平成26年度測定結果一覧
                   平成25年度測定結果一覧 

                    平成24年度測定結果一覧

 
 給食献立はこちらをご覧ください → 平成30年度献立予定表
                   平成29年度献立予定表
                   平成28年度献立予定表
                   平成27年度献立予定表

                   平成26年度献立予定表 
                   平成25年度献立予定表
 

 

 

 

※参考 厚生労働省「食品中の放射性物質の新たな基準値」

http://www.mhlw.go.jp/shinsai_jouhou/dl/leaflet_120329.pdf